M.R.M 吃音(どもり)改善プログラムの内容と評価を公開しています

MRM吃音改善プログラムは最新の脳科学を取り入れている!?

このページは、教材の詳細をできるだけわかりやすくレビューし、公正に評価していきます。

 

教材は以下の構成で作られている治療プログラムです。

 

 

 

『【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラム』の全体像

 

 

MRM吃音改善プログラム,口コミ

 

MRM吃音改善プログラム,口コミ

メイン教材

 

■ ブックレット【パラダイムシフト編】(164ページ)

 

■ ブックレット【マインドシフト編】(180ページ)

 

■ WEBビデオセミナー(197分)

 

 

 

特典プログラム

 

■ ブックレット【勇気を手に入れる究極の方法】(30ページ)

 

■ ブックレット【応急処置マニュアル「吃薬(どもりぐすり)」】16ページ

 

■ 中村しょう氏へのメール相談権利

 

■ フォローアップメール

 

プログラムに目を通しての印象

 

 

MRM吃音改善プログラム,口コミ

 

テキストは、ていねいにびっしりと書き込まれています。

 

一行は45文字程度ですが、行間があけられていますので、読みやすい工夫がされています。

 

全体のページ数は多く感じますが、無駄なページの水増しなどはなく、大変丁寧に作られていることがわかります。

 

吃音を改善した人の内容はこちらでご覧いただけます。

 

→ 【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムで吃音を克服

『【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラム』【パラダイムシフト編】

 

構成内容は...

 

  1.  レベル0    パラダイムシフト編のはじめに…
  2.  レベル1    吃音(どもり)とは何か?
  3.  レベル2    吃音が克服困難だとされている本当の理由
  4.  レベル3    吃音が絶対に改善しない仕組み
  5.  レベル4    吃音者になってしまった真の原因
  6.  レベル5    吃音の真の正体
  7.  レベル6    吃音克服とは何か?
  8.  レベルMAX  パラダイムシフト編のおわりに…

 

お気づきのように【パラダイムシフト編】は、吃音に関する説明や現状の一般的な吃音治療についての解説です。

 

そして、中村しょう氏の考える吃音へのアプローチの仕方が説明されています。

 

あなたが知りたい”吃音”についてのすべてが紹介されています。

 

・ そもそも吃音(どもり)とは何か?
・ 何が原因で吃音を引き起こしているのか?
・ なぜ、吃音が治りにくいと言われているのか?

 

吃音に対する知識、また中村しょう氏の考える吃音へのアプローチをしっかりと理解するからこそ、【マインドシフト編】の実践でモチベーションがキープできます。

 

具体的の治療法は【マインドシフト編】でおこないます。

『【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラム』【マインドシフト編】

 

構成内容は...

 

  1.  スタートガイド
  2.  レベル1    「創造的想像力」
  3.  レベル2    「真の自信」
  4.  レベル3    「幸福感覚」
  5.  レベル4    「成功脳」
  6.  レベル5    「失敗脳」
  7.  レベルMAX  「勝者のマインドセット」
  8.  エピローグ

 

『【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラム』での吃音の原因は、精神的な部分と脳の影響が大きいという考えです。

 

ですから、一般的な治療法の内容をご存知の方にとっては、一線を画したオリジナルなものだとお分かりいただけると思います。

 

著作権の関係上、肝心の具体的な治療方法を詳細にお伝えすることは難しいのですが、ワークシートを多用し、自分自身のことを振り返り、徐々に自分に自信を持たせていくんです。

 

実践する内容は多めですが、実践期間は6週間程度が目安となっています。
もちろん、項目は自分の負担にならない程度にもできますので、その場合は少しずつでも毎日続けることが大切です。

 

 

 

『【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラム』【WEBビデオセミナー】

 

WEBビデオセミナーは【パラダイムシフト編】との連動です。

 

どんな症状でも、”原因”をしっかり理解することが必要という意味では、テキストの”文字”とビデオの”動画”両方で実践できるのは、大変わかりやすいと思います。

 

 

中村さんの吃音改善のカギは「潜在意識のコントロールと書き換え」です。
文字にで表すとむずかしく感じますが、これは最新医学の治療法なんです。

 

プラシーボ効果(プラセボ)

 

 

薬の成分を含まないプラセボ(偽薬)を薬だといって渡された場合患者の病状が良好に向かってしまうような治療効果のこと。

 

つまり思い描くと実現する、恐るべき”思い込み”の効果で、痛みや下痢、不眠などの精神性、神経性にかなりの効果を上げている療法です。

 

<こんな実験結果を聞いたことがありますか?>

 

ビールが大好きだと言う男性2人に、ノンアルコールビール、ウーロン茶、普通のビールの順で飲んでもらい、脳の働きを比較してみました。

 

すると、2人ともノンアルコールビールと普通のビールを飲んだ時だけ、同じように脳全体が激しく活動していることがわかったそうです。

 

ではなぜ、酔ってしまうのでしょうか?

 

飲める人が、味・臭い・泡・のどごし・つまみ・雰囲気といったものから、実際にアルコールを飲んだときの記憶が呼び起こされ、あたかもアルコールを飲んだ時の心理的身体的反応が引き起こされたということになるんですね。

 

つまり一種の暗示効果と言えるかもしれません。

 

でも大事なのは、ビールを飲んだことのある人=経験だということです。

 

「私は”どもり”だ...」
「今、”どもって”しまったら...」
というのは、過去の経験から植え付けられたもの。

 

この潜在意識を書き換えれるために、効果的にカリキュラムが組まれているのが、【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラム」なのです。

【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラム」の効果は?

ここまで【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラム」の詳細をギリギリでお伝えしてきましたが、どうしても「吃音=治らない」という考えを拭い去れない方もいらっしゃると思います。

 

あなたが、自分が”どもってしまう”ことに対してこれからどう対処しようとしているかの考え方がポイントになるかもしれません。
当サイト管理人自身は、カリキュラム内容は非常に良く出来ていると思いましたが、誰にでも100%効果があるとは言いきれません。

 

ただ、この教材は返金保障がついています。
もし一度効果を試したい場合は、とりあえず実践してみてもいいと思います。

 

吃音が完治すればいろいろなことに前向きになれ、生活自体が楽しくなるんです。

 

まずは1歩を踏み出してみませんか?

 

 

こちらから公式サイトに移動することができます

 

公式ボタン

 

もうあなたは大丈夫ですよ!